協議会加入のご案内

宮城県コールセンター普及と
地域貢献に向けて

~平成30年2月5日に設立10年を迎えました~

みやぎコールセンター協議会とは

平成20年2月に
県内立地のコールセンター事業者と
宮城県により設立いたしました。
宮城県内の各コールセンター
事業者の持続的な発展を図り、
コールセンター業務の認知度向上、
地域貢献を目的として活動しています。

コールセンターは、人を育て・
個々のパフォーマンスを最大限に生かすお仕事です。
私達が持っている“人を活かすノウハウ”を
地域社会へ向けて発信していきます。

みやぎコールセンター協議会の体制

みやぎコールセンター協議会は、協議会規約に則りコールセンター事業主(正会員)とコールセンター支援会社(賛助会員)と特別会員(宮城県・仙台市)で構成されています。コールセンター事業主・コールセンター支援関係者・行政とが一体となって、当協議会の取り組みと活動増進に努めています。

みやぎコールセンター協議会の体制

事業概要

みやぎコールセンター協議会の体制

事業内容

TFオペレーターコンテスト
おもてなしを大切にし、
プロの実演を集結
1年に一度オペレーターコンテストを開催しています。コールセンターで就業する、スタッフのモチベーション向上及び、県民のみなさまへ広くコールセンターのお仕事を知ってもらうため、実施しています。本年(平成30年)度は、第14回の開催年となり、2部門(電話応対部門・タイピング部門)を競技します。
TF普及啓発
知ってもらう、
活用いただく、
認めてもらう
TF普及啓発では、年に数回、コールセンターのお仕事を知ってもらうためのイベントを開催しています。認知度向上イベントでは、“伝える力”などの人材育成カリキュラムの提供も実施します。コールセンターの強みやノウハウをご活用いただけます。
地域雇用に貢献するため、就業機会のマッチングを図る企業合同説明会も積極的に開催参加しています。
TF新規事業
永続的な産業発展の機会と
材料を広く提供
TF新規事業では、当協議会に関係する全ての会員様へ人材育成カリキュラムの研修を無料提供します。地域貢献(被災地支援)として、沿岸部の学校に対し、ビジネスマナー研修などを提供しています。継続的な問題解決のための機会を当協議会に限らず、関係各所との連携を図る体制づくりを行っています。

会員制度〈会員の種類〉

正会員
・本会の目的に賛同し、県内に事業所が存在するコールセンターで原則として50席以上のブース設備を持つコールセンター事業者
・若しくは県内にコールセンター事業所等を持つ、東北地方に所在する原則として50席以上のブース設備を持つコールセンター事業者
賛助会員
・本会の趣旨に賛同し、事業の推進を援助するために入会した関連団体・企業
特別会員
・本会の趣旨に賛同し、事業に協力するために入会した公的機関など

会員メリット

コンテスト
・本会主催のオペレーターコンテストへの参加
・H27年度より電話応対部門・最優秀賞には
宮城県知事賞を贈呈
人材育成
・本会が提供する人材育成プログラムへの無料参加
・会員間の意見交換・座談会も定期開催(参加無料)
人材雇用
・本会が提供する企業合同説明会・
各所訪問説明会への参加
MCCロゴ
その他PR
・みやぎコールセンターむすび丸の
MCCロゴ活用(名刺・HPなど)
・MCCホームページへの会員企業紹介など
情報交換
・当会及び当会に関連する企業・
団体との意見交換会への参加

会員加入のお願い

みやぎコールセンター協議会では、会員メリットを設け、
多くの企業・団体の皆様にご加入いただき、
その会費を産業発展・地域貢献に役立てています。
本会の趣旨にご理解いただき、
ご入会いただけますようお願い申し上げます。
会員会費〈年額※4月~3月分〉

正会員:50,000円
賛助会員:1口 50,000円(1口以上)

※いずれかの事業期間内にご入会の場合でも1年分をお納めいただきます。