働く人の声

今回インタビューにご協力いただいたのは、
富士通コミュニケーションサービス株式会社所属
中山 充大さん
鈴木 莉恵さん
中野 優紀さん
です。

コミュニケーションを取る事が好き。お客様目線で考えられて面白い。

Q:入社のきっかけを教えてください。

中山:以前少し役者や声優の仕事をやっていました。(一同:えぇーー)、声を使って人と話したり、コミュニケーションを取る事が結構好きだったので、それを活かせる仕事に就きたいと思っていました。

鈴木:私は元々ホテルで事務職として働いていていました。そのときはホテル側の立場で物事を考えていましたが、今はお客様目線で考える機会があり、違いがあってそこが面白いなあと感じています。

中野:私は前は事務職でしたが期間満了で職を探しており派遣に登録したんです。担当の方から「仙台はコールセンターが多いので」という話をいただき一番最初に紹介を受けたのがこちらの会社でした。実はコールセンターにいいイメージをずっと持っていなかったので、中々踏み出せない部分がありましたが、周りの皆さんがいい人ばかりということと、業務内容も始まったばかりということもありチャレンジしてみることにしました。

悩みや質問に対して的確に解決に導き、提案もする。プラスアルファの「ありがとう」をもらえるときは本当にうれしい

Q:楽しみや嬉しさはありますか?

中山:お客様の悩みやご質問を的確に解決に導けて、さらにこちらから気づいたことをご提案して、プラスアルファの「ありがとう」をもらえるときは本当にうれしいなって思います。

鈴木:入社前、コールセンターは淡々と電話を取るだけだと思っていましたが、今の業務では電話越しにお客様のわくわくしている感じが伝わってくるのがやっぱりすごく楽しいです。悩んでいるお客様にはこちらから候補を出して紹介すると「すごく助かりました。ありがとうございます。」と言っていただけます。そのときは役立っているなあとやりがいを感じます。

中野:お客様はホームページなどを見ても解決できなくて本当に困ってお電話をくださる方が多いです。私の案内によって「あなたに話してよかった」とか「あなたの案内だから分かった」と感謝の言葉をもらうようなこともありそれが励みになっています。

何もわからないところから始めたので、お客様と同じ目線に立つことが出来る。強みです。

Q:入社したころの対応と現在の対応で変わったところはありますか?

中野:困っているお客様に対して「あぁ、何て言ったらいいんだろう」と恐縮する場面もありました。現在は知識量が増えどう対応していけば喜んでいただけるかが分かってきたので余裕がでてきました。業務知識が何もわからないまま入社したので、お客様と同じ目線に立つことが出来る点は今も強みです。

鈴木:新人の頃はルールがわからず、慣れるまでは大変でした。行ったことがない地方の地名が読めなかったりとか。空き時間に勉強をしたり、隣に座っている仲間と情報交換をしたりして、今ではご要望が複雑なお客様でも、自分からリードして応対できるようになりました。

「一緒にがんばろう」っていう雰囲気を作って行けたらいいなって思っています。

Q:教育担当としてのやりがいはどんなところですか?

中山:自分が携わった新人さんたちが育っていく姿、成長していく姿を見るのがすごくうれしいです。現場でもその新人さんたちがやりがいを感じていると、こちらもやりがいを感じます。

中野:応対者が困っているときには、一緒にお客様のお電話を聞いたりしてサポートします。覚えることが多くてみんな本当に大変だな、と思います。でも、一つひとつつまづいたところをクリアしていくと自信になってくるので、そういう「一緒にがんばろう」っていう雰囲気を作って行けたらいいなって思っています。